花火人検定・初級講座

「花火人検定」は、花火に関する幅広い知識を身につけた人を輩出することを目的としております。
検定受験者の方には、事前学習にて花火をより知的に、より楽しく鑑賞できる、様々な知識を習得していただきます。花火人検定は、奥深い花火の文化に触れられる内容の検定となっています。

初級では、協会オリジナル教材と『花火の図鑑』(ポプラ社)を学習教材として学んでいただきます。
学んでいただいた後に、問題集をお送りして回答をご返送いただきます。
合格者の方には「花火人検定・初級合格証」を発行いたします。

クレジットカード決済申込
銀行振込申込ボタン

【学習教材】

kyozai_omote協会オリジナル教材
教材は、当協会顧問で花火写真家でもある泉谷玄作氏監修のもと、独自の内容を作成。受講者の方に花火について学んでいただきたい内容や知識として習得していただきたいポイントをまとめました。参考図書「花火の図鑑」と合わせて学んでいただく形式としております。全国の主な花火大会の一覧も最新情報でまとめて掲載しております。
※表紙はイメージです。実際とは違う可能性があります。

花火の図鑑花火の図鑑(ポプラ社発行)
文・写真:泉谷玄作
夏の夜空をいろどる打ち上げ花火。全編カラー写真の花火を集めた図鑑です。花火用語や花火の作り方まで、花火の全てがわかる1冊です。定価1,680円(税別)

 

「花火の図鑑」著者
泉谷玄作泉谷玄作(いずみやげんさく):写真家。秋田県に生まれる。花火の撮影をライフワークとする。現代美術作家、蔡國強氏の依頼で、2002年MoMA(ニューヨーク近代美術館)主催の「動く虹」の花火や、2003年ニューヨークセントラルパーク150周年記念の「空の光輪」の花火などを撮影。著書に、『心の惑星-光の国の物語』(クレオ)、『日本列島 四季の花火百華』(日本カメラ社)、『静岡県ふくろい遠州の花火』(日本カメラ社)、『花火の図鑑』(ポプラ社)、『花火の大図鑑』日本煙火協会/監修 (PHP研究所)、『日本の花火はなぜ世界一なのか?』(講談社+α新書)など、花火に関するもの多数。日本写真家協会会員。
(プロフィール写真撮影:泉谷禄子)

【学習内容】
・花火の歴史
・花火の種類
・花火玉のつくり
・花火の知識
・花火写真の撮り方
・全国各地の主な花火競技大会

【お申込から合格までの流れ】

≪お申込≫
花火人協会より、オリジナルテキストと「花火の図鑑」をお送りさせていただきます。
※小学生高学年程度から学べる内容となっております。

≪学習期間≫
テキストおよび「花火の図鑑」にて、奥深い花火の世界に触れ学んでください。
検定テスト問題はテキスト、および「花火の図鑑」から出題されます。
学習期間想定:1週間以上

≪検定受験≫
テキストに合わせて一通り学んでいただきましたら、
ホームページやメールもしくはお電話にて試験問題の送付の申込をお願いいたします。
検定問題にご解答いただき用紙をご返送ください。

≪合否発表≫
ご返送いただいた解答用紙を協会にて採点させていただき、
合格(正答率70%以上)の方には花火人検定初級認定証書をお送りいたします。

【検定料金】
花火人検定・初級講座(「花火の図鑑」セット有り) 9,000円(税別)
花火人検定・初級講座(「花火の図鑑」セット無し) 7,500円(税別)
※すでに「花火の図鑑」をお持ちの方はセット無しにてお申込下さい。

【お申込】

クレジットカード決済申込
銀行振込申込ボタン

【検定主催および運営母体】
主催:一般社団法人 日本花火人協会
運営:ENBUゼミナール